オーガニックコスメって何?

オーガニックコスメって何?ナチュラルコスメとの違いは?

 

オーガニックとは有機栽培という意味です。オーガニックコスメとは、無農薬・化学肥料を使わずに栽培された植物から製品化した化粧品のことです。

 

ただ日本では法規制がないどころか、第3者機関や公的機関による認定もなされておらず野放しになっているのが現状です。諸外国ではこのような事例はありません。

 

したがって、ごく微量の有機成分で、他は化学成分でもオーガニックコスメと商品に表示できるわけです。これは問題です。

 

では、一般消費者は何を判断基準とすると、安全で肌によいオーガニックコスメを選ぶことができるのでしょうか。

 

それは、次の二つです。

 

ひとつは、「トレーサビリティー」です。これは原料栽培から製造工程をオープンにしていて、消費者にそのことを情報公開できる状態、企業姿勢であるかどうかです。

 

もうひとつは、「サスティナビリティ」です。これは企業が環境に配慮しているかどうかです。無農薬有機栽培や自然エネルギーの採用などです。

 

以上のふたつを企業が認証マークなどで表示しているかがポイントです。

 

 

 

ナチュラルコスメとオーガニックコスメはどう違う

 

化粧品の中には、ナチュラルと表示していりものがあります。オーガニックとの違いはどのような点にあるのでしょうか?

 

一般的には、「自然界の物質から由来した成分」をナチュラルと呼んでいるようです。植物に由来すると言っても、製造の過程で合成薬品が使われていることもあります。

 

そのような商品でも、植物に由来するナチュラルなコスメとして市場に流通しているようです。

 

ナチュラルという言葉は、オーガニックよりもさらにあいまいな表現です。明確に定義されてはいません。

 

日本ではオーガニックという言葉がどのように用いられているのでしょうか。

 

日本の有機認定基準は、「農薬と化学肥料が無使用な土壌で栽培されたこと」「化学肥料が無使用であること」「遺伝子組み換え原料を使用していないこと」などです。

 

以上は、国の基準であって「オーガニックコスメ」に適用されているわけではありません。

 

私たち消費者は、「ナチュラルコスメという大ざっぱな枠の中に、有機栽培の原料を使用したオーガニックコスメが存在する」と考えるべきですが、
現状では、化粧品メーカーの表示を見て判断するしかありません。

 

 

◆関連記事
オーガニックコスメの認証マークとは?
多くの有名人が称賛する!100%完全無添加のオラクル化粧品